阿夫利林道を歩く

走って走れなくなったら歩く

だから歩くのは楽だ、と思うのは浅はかだとは思っている

去年の夏、箱根越えの60kmは結構キツかった

茅ヶ崎から三島まで箱根越え - ミラクルアジア soi41

 

ラソンに30kmとか35kmの壁とかがあるように、ウォーキングには50kmとか60kmの壁があるらしい

あながち嘘ではない事を実感した

 

ちょっとくらいウルトラマラソンやトレイルをやったからってウルトラウォークなめんなよ、というブログを読んだ

初心者はトレッキングポール持っていけともあるので、ウォーキングの125kmを目標にするのだから

まだ100kmウルトラマラソンレベルは経験していないので、素直にアドバイスに従おうと思ってポールをポチった

 

高級品ではないが昨日来たのがこれ、2790円

f:id:linmu41:20210515194823j:image

 

試してみるべく、大山の阿夫利林道に行って見ることにした

いつもは、右だけのルートだが、今回は左のルートを通って、大山寺から女坂を通って戻ってくるコースにする

f:id:linmu41:20210515201053j:image

 

出発の起点は、清水屋さん

伊勢原市総合運動公園からここまでの約5kmはジョギングでヘッホヘッホと上ってくる

f:id:linmu41:20210515194724j:image

 

ここで、ポールをセッティングして駐車場からウォーキングスタート

f:id:linmu41:20210515201440j:image

 

行っていいんだよね?的な雰囲気を出しているけど、行けるようです(許可のない車はダメです)
f:id:linmu41:20210515201433p:image

 

麓が見えます
f:id:linmu41:20210515201507j:image

 

ジョギングでも行けそうですが、ポールのテストなので、コツ、コツ、ガリッ(引きずった)、コツ、コツ、カスッ(空振った)とやりながら進みます

腕振りが地面に伝わるので確かに推進力も上がります
f:id:linmu41:20210515201521j:image

 

ずっとこんな林道

すれ違った下り自転車が2台、下りランナーが1人、業者らしき車が2台

静かでいい、鳥の鳴き声が心地よい
f:id:linmu41:20210515201502j:image

 

左は大山古道、秦野に向かう道

大山へはまっすぐ進みます
f:id:linmu41:20210515201458j:image

 

清水屋さんから大山寺まで通常(バスルート、こま参道、女坂)だと2.5kmの所を、林道だと5.5kmかかるので、斜度は緩くなる

いつもなら歩いてもゼーハーして大山寺に到着するけど、割と楽に到着
f:id:linmu41:20210515201449j:image

 

大山寺のそばにトンネルがある

短いけど怖いので行かない

抜けたら道は終わりらしい


f:id:linmu41:20210515201512j:image

 

トンネル手前で右に曲がれば大山寺に出ます

今日はこれ以上は登らず、女坂を下ります
f:id:linmu41:20210515201516j:image

 

白い藤 いい香りです
f:id:linmu41:20210515201426j:image

 

こま参道を通って、ポールを収納し、一気に清水屋さんまで走って下ります

 

清水屋さんは、かき氷が大きすぎて評判

値段もそれなりだけど、ずっと混んでいて14時過ぎでも待ちは3組、呼ばれるまでに結構時間がかかり、汗冷えしてきました
f:id:linmu41:20210515201443j:image

 

映えないのは予想していたけど、和梨&洋梨をチョイス

出てきたのがコレ 一人前

和梨の生ジュース?と洋梨の粒々がかかって、梨感一杯で、美味しい

ふわふわの氷は、頭がキーンとならず、流石に最後の方は寒くなってきたけど完食です

f:id:linmu41:20210515201454j:image

 

残り5kmを戻りますが、

身体はすっかり冷えてしまい、しばらくは奥歯をガチガチいわせながら走りましたとさ

 

ポールはあったほうが安心かと思ったので持っていくことにします

君津ウルトラマラソン 泣いても走る

長いよ

 

当日は3:30に起床

君津駅から会場まで4時から30分毎にバスが出るので、5時の便に乗れるよう支度する

あちこちのホテルからランナーの格好で駅前ローターに向かってくる

会場まで数分で到着

 

荷物置き場になる体育館へは検温、消毒、in時刻を記入して入館するのだが、出入口が狭いうえにそこでシューズを脱ぎ履きするので、滞留が発生するのが気になるところだった

 

荷物を置いてグランドへ向かう

きれいに晴れました 暑くなりそうです

参加者名簿では379名

広いグラウンドでは少ないように見えたが、300人位はいたのだと思う

f:id:linmu41:20210509184020j:image

 

松尾和美さんのスピーチの後、ワラワラとスタート地点に移動し6:00スタート

のはずが、記念すべき第一回の号砲は空振り 二回目も空振り

結局号砲は鳴らなかった

ウェーブスタート2組目でスタートした

 

スタートから2kmはミニケルさんについて行く

南伊豆では30秒後には離れていたが、2kmほど一緒にいると、オイまだいるのか、ホレ行け、サァ行けオーラが出ているのを感じたのですごすごと前に出る

 

6時でもすでに暑いが、のどかな景色を走る

巻き爪が時々暴れるぞと主張するものの何とか走れている

今回の問題はこれ

靴下が触るだけでも痛い、テーピングで皮膚を寄せてみたけど、どうにも良くなかったので直前に外した

f:id:linmu41:20210509184025p:image
f:id:linmu41:20210509184102j:image

 

8kmほど行って記念すべき最初のエイド

食べ物 梅干し、チョコ、ゼリー、塩飴

飲み物 水 スポドリ

なるほど、、、肉とかおにぎりとか麺とかなさそうだ(みちくさウルトラに影響されすぎているようだ)
f:id:linmu41:20210509184055j:image

 

こういう景色好きです
f:id:linmu41:20210509184014p:image

 

17-23kmはスライド区間でNO.4、5エイド

お腹が渋ったのでトイレを借りる

20kmあたりのかずさ4号公園あたりで、マーフィー!の声

なんとバートゥさんだった

参加者名簿に名前があるのはみたが、事前に連絡は取っておらずよく見つけてくれました

久しぶりに会えて嬉しかった

下っている最中に上ってくるミニケルさんとスライド

好物区間で元気そう

なんだか思ったより離れていないようだ

f:id:linmu41:20210509184107j:image

 

23km地点第5エイドでバートゥさんを見送ってから自分もスタート

暑い〜と思いつつ25km地点 左足巻き爪でない方の右足第四中足骨に痛みが出る

左足を無意識に庇って右足に負荷がかかったのだろうか

シューズを脱いで解放するとともに、靴紐を少し緩める

そこから2kmだましだまし走ってみるがどんどん痛みが強くなってくる

まずい、骨折でないにしても重症化するのは絶対マズイ

もう一度シューズを脱いで足を解放し、さらに紐を緩める

そもそもホカオネオネ クリフトン6ワイドを履いたので緩めると爪先を痛めたりマメができる可能性もあるがまずは様子見で歩く

30kmのエイドまで歩いて変化がなければリタイアもやむを得ない

左脚は残っているが残念だと思いつつ歩く

 

3km歩いてエイドに到着する頃には少し楽になっていたのでこのまま進むことにした

この先の5kmはどうせ走れない激坂区間

左上の白い建物あたりまで行くのだと誰かが言っているのが聞こえた

 

鈍く虹色に光る30cmほどのヘビがいた

小枝と思って蹴り飛ばすところだったが、寸前で気づいて、ウワッと歩幅を広げて避けた

f:id:linmu41:20210509184009j:image

 

34km鹿野山九十九谷展望公園 主催はこの景色が見せたかったらしい

ここまで上って来たらいい景色

f:id:linmu41:20210509184006j:image

 

なんとか右足は回復したようだった

次に気になったのが喉の渇き

水とかスポドリを飲んでも喉の渇きが癒えない

でもお腹はタプタプ感が残る

水あたりのようだ

予想していたので五苓散を用意しておいたので飲んだら調子も良くなった

35kmのエイドを超えると下りとなり、走れるほどまで回復できた

よかった

 

36km過ぎ 鹿野山 2019年の台風15号の爪跡

f:id:linmu41:20210509205542j:image
f:id:linmu41:20210509205537j:image

 

この後も走ったり歩いたりしながら市街地まで戻ってきた

エイドでは水かスポドリしかないので味に飽きてしまい、コンビニ休憩した時にブラックのアイスコーヒーを買ってしまった

本当はミルク入りを買うつもりだったが真っ黒系の缶の隣で、色付きの缶だったからミルク、砂糖入りかと思ったよ

 

仕方ないので飲んで走っていたら気持ち悪くなってしまった

もう水もスポドリも食べ物も受け付けない

何か入れたらリバースしそうになっていた

 

市街地に入ると信号待ちで止められる事も多くなりリスタートがキツい

 

川沿いを歩いていたら、トカゲが出てきた

ツツーッと前を横切って行くので通過した所に足を出そうとしたら180度ターンして戻ってきた

寸前で踏みつけるところだったのでウォッと足幅を変えて避けた

 

ゴールまであと3kmまで来ると集団ができていたが、やはり気持ち悪さに耐えられずそのトレインから離れた

それでも何とかゴール地点となるグラウンドに戻って来れた

何度リタイヤしようかと思ったことか、リタイヤの仕方をよく読んでおらず、どうすればいいのかも分からなかったので泣く泣く会場まで行った

 

下の写真の青はスタートのライン

赤はゴールのライン

外周をほぼ一周してトラックを一周する

外周を走ってゴールかと思っていたらトラックを走っている人がいたので、走り終わってからのダウンジョグか、ヘンタイだなと思っていたらまだコースだったので外周は歩いたよ

ゴールが見えてから1km走るのは酷だった

f:id:linmu41:20210509184045j:image

 

57kmだからとたかをくくっていたかかもしれない

思った以上にきつかった
f:id:linmu41:20210509184041j:image

 

坂は南伊豆よりはおとなしかったとは思う
f:id:linmu41:20210509184038j:image

 

7時間以内でとは思っていたが色々泣きが入ってこうなりました
f:id:linmu41:20210509184058j:image

 

ゴール後も吐き気はおさまらず、弁当をもらうものの手はつけられず、

ガリガリ君グレープ味をもらうものの溶けるのでリバースしそうになりながら食べた

今まで食べたアイスで一番美味しくなかった(用意してもらったのにすみません)

 

体育館の出口でバートゥさん、ミニケルさんと会うが会話の内容を記憶していないくらい困憊していた

しばらく外で待っていたが、あまりに状態が悪く、ミニケルさんを捨てて帰ることにした

(ブロ友さんが君津まできたらしいが、飲み食い会話が全くできないので合流はあきらめた)

長いこと電車に乗ってどうにか帰宅でき、

夜中、1時くらいに胃薬が飲めるようになりようやく落ち着いた

 

翌日の状態

大腿四頭筋は筋肉痛だが歩けないほどではない

左爪は血豆だった

 

翌々日の状態

会社で相撲大会があったら今は一番弱い(ないけどな)

肩に筋肉痛がひどい

でも、走れてよかった

もう楽しかったしか覚えていない

 

 

参加賞のTシャツは肌触りはいいけど、デザインは走る広告だな

メダルは鉄の町だから鉄かと思ったら磁石には付かなかった

f:id:linmu41:20210509202904j:image

 

大会関係者、ボランティアの皆様ありがとうございました

とても印象に残った大会になりました

第二回、第三回と続きますように

 

 

君津ウルトラマラソン 前日

昨日5/8(土)無事に第一回君津ウルトラマラソンが開催された

本来なら2019/10/5に開催される予定だったが、9/9に千葉県に上陸した台風15号の被害が大きく中止となった

 

2019年の時には三浦横須賀ウルトラの63kmより距離が短い事もあって1ヶ月後の南伊豆に行くことにしていたので参加は見送っていた

 

そして翌年2020/5/9に開催される予定だったが、新型コロナ感染拡大により行政からstopがかかり中止となった

 

2021/5/8に3度目の開催でようやく実施された

行政、大会関係者の開催に向けての努力に敬意を表します

 

会社の理解もあり、前日は半休を取って前泊で現地に入ることにした

 

この大会はラン友ミニケルさんも参加することになっている

宿泊先は同じにした(もちろん部屋は別ですし、チェックイン後に部屋番号も聞いていません、念のため)

前日の移動は一緒に行きますか?と聞いたところ

ゆっくり現地入りするので半休の人とは時間が合いませ〜ん、ふふ

前日受付もしませ〜ん、考えていないわ、ふふ

というニュアンスでの回答だった

 

前日受付は、バスとか色々調べたが、ホテルで無料で自転車が借りられる事が分かり、自転車で受付してきますと伝えたら、それはどこに書いてあるとなんか食いついてきた

やっぱり、無料!とかお得!がキーワードらしい

この言葉で優先度のスケジュールをガシャガシャっと変えられるようだ

 

東京でランチは軒並み休止なので自分も当初の予定より30分早めて移動した

それ以上にミニケルさんは自分よりさらに30分早く現地入りし、

自転車1台しかないから先に行ってくるねぇ〜、ふふ

っと前日受付に向かった

その行動力にただただ怖ぇぇと思うのだった

 

チェックイン後に荷物を部屋に置いてフロントに戻ってきたら爆走して戻ってきたミニケルさんがフロントにブラックサンダー号(仮称)のキーを返却しているところに遭遇した

フロントにはチェックイン時に女性が自転車乗って行っていますよね、本人から、聞いてます、戻ってきたら借りますと伝えてあったのでスムーズにキーを受け取る

 

ホテルで借りたブラックサンダー

クセが強いヤツだった

f:id:linmu41:20210509100453j:image

 

受付会場までは2.3kmほど 日本製鉄君津体育館

その外観にはビビる

f:id:linmu41:20210509101007j:image

 

受付とブラックサンダー

30分かからず受付して戻って来た
f:id:linmu41:20210509101003j:image

f:id:linmu41:20210509101626j:image

 

隣にはスタートとゴールの日本製鉄君津グラウンド

400mの土のトラックと700mの芝の外周の整備された立派なグラウンド(ゴールで泣かされるが)

f:id:linmu41:20210509101738j:image

 

ホテルに戻ってから撮影、外は雨

濡れずに戻って来れてよかった

翌日は晴れるようだが、本当に晴れるのか不安にはなる

傘もカッパも用意していない
f:id:linmu41:20210509101010j:image

 

この後、すぐそばのファミレスで夕食をとる

あーだこーだとランとかウォーキング話

来月のウォーキングに誘ってみたが、相手にしてくれなかった 激坂上りの歩きは好物らしいのに残念なことだ

 

翌日の準備をして22時には就寝

翌日の大会での心配事は一つ 巻き爪

 

続く

 

 

 

記念撮影 boston

上からadidas boston boost 7 8 9

7と8は軽く履いたもののまだ使用歴は浅い

9は今日来た

もう一足7があって、そっちはかなりへたってきたけど

6もあったけど、もういない

 

こうやって並べてみると、なんか可愛いよね

履くのもったいないよね

f:id:linmu41:20210429163511j:image

 

アレ? 僕はそっち系じゃないのだけれど

ヤッソ800からの小田急ロマンスカーミュージアム

巻き爪の痛みがまだ残っていて、親指の先に触ると悶絶の日々が続いています

皮膚を寄せてテーピングすると緩和する事を発見して少し安堵している

ぶつけたり、圧がかかるとダメだけど

 

最近は、一生懸命走ってみても頑張った感のあるラップが出ない

決して高いレベルの話ではない

自分の場合はキロ5分でたら頑張った感があるけど、頑張ったと思った割には5分半だったりするのでキレが悪くなっていると感じている

 

なので久しぶりにヤッソ800をやった

これから控えているのはウルトラ57kmだったり、ウルトラウォーク125kmだったりするので、スピード2番、持久力1番だと思うけど、ヤッソ800なら10本という辛さでトレーニングになるかな

 

久しぶりということもあって

ラン800m 4分以内 レスト400m4分以内 を10本にしておく

レスト分は除く 途中は辞める気満々になったけど何とか頑張れた

クールダウンの生チョコアーモンドは味が重い・・・

f:id:linmu41:20210424205703j:image

 

海老名駅横に4/19にオープンした小田急ロマンスカーミュージアムに行ってきた

今は予約制

暇な息子がつきあってくれた

入り口から階下へ

角を曲がると広い空間に並ぶ3台の車両

テツじゃないけど、wowと気分が上がる

f:id:linmu41:20210424205659j:image

 

他にもロマンスカーの車両が数台
f:id:linmu41:20210424205653j:image

 

展示車両数とか資料数は以前に行った名古屋のリニア鉄道館には及ばないけど、ロマンスカーミュージアムは900円なので納得かなとは思う

リニア・鉄道館 - ミラクルアジア soi41

 

ジオラマは新宿、相模大野、江ノ島、海老名、小田原、箱根湯本 昼、夕方、夜と時間の変化もあって旅情がそそられて見ていて飽きない

昼、夕方、夜が演出されている
f:id:linmu41:20210424205656j:image

 

ガチャガチャ(500円)を息子にやってもらったら

サンプルにないものが出てきた

桜バージョンが紅葉になっているシークレットだった

f:id:linmu41:20210424205706j:image

 

クリアケース、トートバッグ、缶入りクッキー、キラキラ缶ラムネなど買ってしまった

f:id:linmu41:20210424205649j:image

 

なかなか良かったよ(上から目線ですまんね)

海の声が聞きたくて 強風

明け方に夢を見た

急ぎの用があって走らないといけないが、水中にいるかのように脚が回らず思うように走れない

目が覚めたらなんだか疲労感、という状態

場面は色々あるが、走れない夢はたまに見る

目が覚めた時に、やっぱり夢だったか、走れなかったら飛んでみればよかった、とか思うが、見ている時には気付いていなくて残念

 

ここ最近、両足親指が巻き爪で、靴下を履くのも痛くて、靴下の当たり具合で走れることもあるが、生地が当たって走れないということもある

でも今日は何とか30kmを走っておきたかった

 

で、桜の季節に靴ずれでリタイアした鵠沼海岸までの往復をリトライ

風が強い、行きは向かい風

海岸に着いたら、砂つぶが舞い上がるほどの強風

 

湘南サーフビレッジで、湘南コーラが自販機で100円だった

湘南限定らしいが、シラスが入っているとかいう訳ではない

f:id:linmu41:20210418150043j:image

 

風が強い

旗がバタバタうるさい

白波も立って、海底もかき回されているので海は濁っている

音はずっとザーザーって感じ

f:id:linmu41:20210418150429j:image

 

後半きつくてダダ下がり

30km 6:04/km

君津まで3週間切った

 

 

 

ブータン 山の教室

今日は健康診断

毎年健康診断に行った後には、絶対今度こそ痩せてやる!っと誓う事が恒例行事となっています

 

空いていたので思った以上に早くリリースされてしまい、途方に暮れてしまったが、

午後は休みにしていたので、神保町岩波ホールで上映されている映画『ブータン 山の教室』を観に行った

f:id:linmu41:20210412201836j:image

 

チケットを買うときに、シニア料金と一般料金の説明を受けた

なぜ、私にシニアの説明を?

 

8割位埋まった館内の客層は圧倒的にシニアで、雰囲気もいかにもこういう映画が好きそうな人達な感じだったので、そう見えたからだろうという事にしておこう

 

あらすじ

ヒマラヤ山脈、標高4,800メートルにある秘境ルナナ村に響くブータン民謡。
都会から来た若い先生と、村の人たちと子どもたちの心の交流を描いた感動作。

 

もうちょっと細かいストーリーはHPを参照

久しぶりに心に触れるアジア映画だった

 

東京は5/21まで

全国で上映されます

『ブータン 山の教室』公式サイト|2021年4月3日(土)より開校ロードショー

 

 

神保町から皇居までも近いので、

有効期限が4/13に迫ったランステのチケット ラスト1枚を使って

10km 1周目6分/km 2周目5分半

気持ちよく走れた